医療

うつ病の原因を解消【心にアプローチを掛ける精神療法】

抑うつ症状が現れたら

待合室

なぜ発症してしまうのか

多くの人が発症しているうつ病は、現代病ともいわれ、近年増加傾向にあります。そんなうつ病ですが興味や意欲の低下がみられる病気であり、その他にも思考力の低下や食欲不振など様々な症状が現れる病気です。このうつ病ですが、なぜ発症してしまうのかその原因は現在でもまだはっきりしていない部分があります。ただし、ストレスなど様々な要因が重なり、脳が機能障害を起こしている状態ということは分かっています。原因が分かっていない部分がありますが、うつ病の研究は現在進んでおり、薬物療法や精神療法など様々な療法を用いて改善することが出来るでしょう。うつ病は治らない病気ではありません。完治するまでに時間がかかってしまう病気ではありますが、きちんと精神科や心療内科で適切な治療を受けることで直すことができる病気です。そのまま放置していれば自然に治るのではないかと考える人もいますが、逆に進行してしまう場合も多い為、出来るだけ早く病院で治療を開始しましょう。また、発症しやすい人の特徴として几帳面な人や真面目な人が挙げられます。責任感が強くなかなか手を抜くことが出来ない人が発症しやすくなっているでしょう。その様な人の意欲が低下してしまうと周りの人も戸惑ってしまい、つい頑張ってと声を掛けたくなってしまいます。しかし、実は頑張ってと声を掛けることは発症している人には逆効果であり重圧となってしまう場合もあるでしょう。その為、出来るだけ本人が休める環境をつくり、あまりプレッシャーを掛けない様にすることが大切です。精神科や心療内科ではうつ病を発症している状態に合わせて、抗うつ剤など薬の処方を行い、また心にアプローチを掛ける精神療法を併用して治療を行います。うつ病を発症している場合、薬物療法では主に抗うつ剤など用いて治療が行われますが、この抗うつ剤には抑うつ状態の改善など脳内環境を改善する為の成分が使用されています。ただし、副作用が出てしまう場合もあるので、使用する際は医師が状態を見ながら少量ずつ処方していくでしょう。その為、最初は効果を感じにくく、効き目が無いのだと判断してしまう人もいますが、きちんと処方された薬は飲むことが大切です。せっかく効果が現れ始めているのにも関わらず、途中で服用をやめてしまえば、また症状が悪化してしまう可能性もあるでしょう。抗うつ剤など薬を処方された場合はきちんと医師の指示を守ることが大切です。それに合わせて精神療法では、うつを発症している原因となる人間関係の問題など改善する為の治療を行っています。うつ病を発症している場合、ネガティブに物事を考えてしまう傾向にあり、そのネガティブな思考をプラスに持っていく為のカウンセリングなどが行われます。考え方の改善であったり、また、じっくり悩みの原因を探しだしたり患者さんにより沿うことで徐々に症状を改善していくことが出来るでしょう。うつ病を発症している場合、心と体に様々な症状が出てくる為、それらをしっかり治すことが大切です。また、自分は発症していないと病気であることを認めない人もいる為、本人が病気を治す気持ちになってもらうことがとても大切です。その為にもぜひ周りの人もうつ病に対する正しい知識を持つ様にしましょう。

精神科で処方されるお薬等

聴診器

うつ病の原因は過労やストレスなどです。うつ気味になってしまったら早めに精神科のドクターに診て貰いましょう。お薬が処方されたら飲み方と飲用する錠剤の数に注意すべきです。ドクターの指示に従ってアクションしていきましょう。

病院の選び方は最重要

ハート

うつ病治療には、原因と向き合い、適切な治療を行ってくれる病院を探すことが重要です。薬の費用を操作する為に大量の処方をする悪徳な病院に引っかからない為にも、事前に評判をリサーチし、良心的な医院を選ぶよう努めましょう。

ストレスなど関係する病気

カウンセリング

多くの人が発症しているうつ病ですが、その原因はまだ分かっていません。しかしストレスなどの要因が重なり発症してしまうことは分かっている為、出来るだけ早く治療を開始することが大切です。また、未然に予防する為にも上手にストレス解消をしましょう。