ウーマン

うつ病の原因を解消【心にアプローチを掛ける精神療法】

  1. ホーム
  2. ストレスなど関係する病気

ストレスなど関係する病気

カウンセリング

病気を改善する為に

現代人に多い病気の一つにうつ病があります。うつ病は外見上分からないことが多く、時にその症状の特徴から怠けていると勘違いされてしまう場合があるでしょう。実はこのうつ病ですが、現在100万人以上の患者がいるといわれている中で原因が現在でもまだはっきりしていない病気でもあります。原因が分かっていない病気ではありますが、病気の研究は進んでおり脳が何らかの理由で機能障害を起こしている状態であることは分かっています。その要因の一つに生活の中でのストレスがあるでしょう。毎日仕事をしたり学校へ行ったり、また人間関係の中で多くの人がストレスを抱え生活をしています。それを上手く解消することが出来れば良いのですが、上手く解消することが出来ず、それがどんどん溜まってしまう人も中にはいるでしょう。うつ病を発症してしまうと、気分の落ち込みややる気の低下、食欲不振など様々な症状が現れてしまいます。その際は、出来るだけ早く精神科や心療内科での治療が必要になあるでしょう。また、この病気の場合なかなかすぐに症状を改善出来ず、治療期間が長引いてしまう場合もあります。その為、病院を選ぶ際は出来るだけ通いやすいところを選ぶようにしましょう。バスを何本も乗り継いで行ったり、行くだけで疲れてしまったりする様では、やがて通う事さえ億劫に感じてしまい中には通院を止めてしまう人もいます。完治させる為には治療を最後までしっかり行うことが大切になるので、自宅近くや職場近くなど通いやすいところを選びましょう。そうすることで安心して通院することが出来ます。このうつ病ですが、発症する人の特徴としてまじめで何事にも一生懸命な人が多くなっています。責任感が強く、それが逆にストレスを溜めてしまう原因にもなってしまいうつ病を発症してしまう場合があるでしょう。そんなうつ病を未然に防ぐ為にはストレスを解消する為の工夫をすることが大切です。何か気分転換出来る様な自分の好きなことをしたり、リフレッシュする為に旅行などに行ったりするのも良いでしょう。とにかく自分の好きなことをして、気分を落ち着かせることが大切です。また、仕事に対しても責任感が強く、何でも抱え込んでしまう場合があります。その様な人の場合、自分だけで考え込まず、上司に相談をしたり、他の人に頼ってみたりするのも一つのです。他の人にアドバイスをもらうことで、解決の為のヒントを見つけることが出来、意外とすんなり問題が解決する場合もあります。責任感が強いと、つい全部一人で成し遂げなければいけないという気持ちが強くなってしまいますが、うつ病を予防する為にも1人で抱え込むのを止めてみましょう。この病気は様々な要因が重なり、それがやがて発症の原因となり症状を悪化させてしまいます。もし身近な人など最近なんだかおかしいと感じたら、それはうつ病のサインかもしれません。実は周りの人の気付きや正しい対応が大切です。本人でさえ病気を発症していることに気付いていない場合もある為、周りの人が気付いてあげることも大切です。また、やる気がない状態だからと過度に励ましたり、叱咤激励をしたりするのはやめましょう。頑張ってきたからこそ病気を発症している訳なので、余計本人にプレッシャーを与えることになりかねません。その為、出来るだけ本人の意思を尊重し話をする際も説得などせずに、本人が納得するような話し方を心掛けましょう。